2014年01月29日

ネズミ被害

ハワイから帰ってきてショックだったもう一つの出来事。それは、留守にしている間ネズミたちがうちでパーティーをしていたことです!

食器棚、クローゼット、トイレ、ありとあらゆるところに入って、散々荒らしていきました。柔らかい紙は食いちぎられあちこちにばらまかれ、小さい糞が点々と落ちているのです。ぎゃ〜〜。

最初に気づいたときは本当にぞっとしました。

考えてみればこの家に引っ越して8年間、ずっと猫がいたので、ねずみは家に入って来なかったんですね。それがいきなり猫が留守になり、冬だし寒いし雨が降らないので水も少ないしで、我が家に一気に入ってきたようです。

数年前にお隣さんが被害にあったのを他人事のように聞いていましたが、まさかうちがやられるとは。ねずみってすごい小さい穴から侵入出来るらしく、うちはどうも玄関のドアの隙間やガレージの隙間から入ってこられたようです。

ネズミの被害にあったら、
1、侵入先の穴を防ぐ
2、現在いるねずみを罠をしかけて捕まえる
3、掃除、除菌
の順で行わないといけないそうです。

猫が家に帰ってきてからだいぶいなくなったようで、罠をかけてもあまり捕まりません。先日は家に帰ってきたら、近所で有名なねずみとりの名人(猫)が我が家の玄関に張り付いていたので、多分そこから出て来たところを猫に食べられたねずみが多数いたのでしょう。

とりあえず掃除が大変で、全然進みません。全部消毒して中のものは洗わないといけないので、家の中も雑然としてかなりストレス。

逃げ惑うねずみを2匹見かけたのですが、あまりに気持ち悪くて何もできませんでした。旦那はねずみは小さくてどっちかと言えばかわいいなんて言いますが、かわいいのはアニメの中だけだと思う。

自然が豊かなのはいいけど、こういうのは困る・・・。
posted by neko at 07:18| サンフランシスコ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 家の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

再びモントレー

IMG_0245.JPG

旦那の出張について、モントレーに行ってきました。

今回は赤ちゃんの初・モントレー。って言っても、もちろん本人たちはあまり分かってませんが。

旦那が仕事しているあいだ、ドライブしてカーメルという隣町まで足をのばしてきました。対岸に、ゴルフトーナメントで有名なペブルビーチが見えます。

IMG_0250.JPG

双子なので赤ちゃんを運ぶのに苦労するのですが、一人は抱っこひも、もう一人はカーシートに入れてよろよろとビーチを散策することもできました。最近体重が増えたので結構厳しいものがありますが、その分私の筋力も戻ってきたので、まだしばらくは二人を同時に移動させる事ができそうです。

IMG_0253.JPG

赤ちゃん連れのホテルは初めてなのでやや不安でしたが、部屋がゆったりとした作りで壁も厚かったので、快適に過ごせました。泊まったのはホテルパシフィックというダウンタウンにあるホテル。歩いて行けるところが色々あるので、子連れにはおすすめです。

IMG_0242.JPG
posted by neko at 16:13| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 休暇話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

猫の死

IMG_0477.JPG

ハワイから帰って来ました。

帰って来てからすごいショックな事が立て続けにあったんですが、今日はその一つについて書きます。

10日ほど前、獣医のところで愛猫が死んでたんです。獣医は休暇中の飼い主に悪いニュースは知らせないポリシーがあるとかで、帰ってくるまで教えてくれなかったんです。そんなわけで昨日知ったときにはもうショックで。

この猫は、私が20代前半から14年に渡って一緒にいた特別な存在でした。小さくてやんちゃな子猫のときから育てて、思い出がいっぱいあります。20代から30代に渡って人生が大きく変わった時期に、いつもいつも隣にいてくれた猫でした。

私が辛い時、悲しい時、苦しい時、必ずそばにいてくれたのは、他の誰でもなく この猫でした。泣いていたらいつの間にか膝の上やすぐ横にきて、のどをならして慰めてくれました。猫は人間の気持ちがわかると言いますが、この猫も敏感で、まるで私をいつも守ってくれてるみたいなところがありました。

また、自分の事しか考えてなかった子供な私を、大人として成長させてくれたのもこの猫でした。この子に会って初めて、世の中に無条件の愛が存在するのだと知ったようなものです。大げさですが、私の中では第二の母ぐらいの勢いで存在していたんです。

赤ちゃんが生まれてからは、いつも赤ちゃんの隣にいて、私がトイレに行ったりするときに「赤ちゃん見ててね」って言ったら、本当にじっと見ててくれたりしたんです。

IMG_4459.JPG

だから私にとっては、ペットだけどそれ以上の存在で、そんな彼女が最期に苦しいときに一緒にいてあげられなかったのが申し訳なくてたまりません。

唯一の救いは、すべてが早く終わって、あまり苦しまずに逝ったことです。友人にお祈りをお願いしたら、ちゃんと成仏して光の中に歩いて行ったと教えてくれました。

猫は、自分より先に死ぬって分かってましたが、いつ死んでも心の準備なんてできないことが分かりました。しばらく立ち直れないかも知れないですが、今、目の前にある人、ものを大事にしないといけないと思い知らされました。
posted by neko at 15:00| サンフランシスコ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

ハワイでお宮参り

IMG_0200.JPG

今、ハワイのオアフ島に来ています。旦那の姉家族が住んでいるので、少なくとも1年に1回は来るようにしていて、今回は産休を利用して、3週間弱の滞在です。

日系移民の多いハワイなので、神社やお寺もいくつかあります。せっかくなので、3ヶ月になった双子をお宮参りに連れていくことにしました。

行ったのは、ホノルルのチャイナタウンの隣にある出雲大社。日本のテレビ番組によく出るらしく、私たちがいる間もずっと日本人の参拝客が来ていました。

IMG_0189.jpg

祝詞をあげていただくために、事前に予約をしました。神道の儀式は結婚式しか見た事がないので、一体どういうことをするのか分からなかったのですが、神主さんが最初に詳しく説明してくださいました。古い言葉のお祈りの中に時々混ざる住所や名前などの英語(なぜか「双子」は常に「Twins」とおっしゃってました)がおかしかったです。

子供は一人一人神様の前で神主さんにお祈りしてもらい、頭のてっぺんに墨で丸を書き、榊の葉を手に握らせてもらい、そのあと太陽の下で日にあてました。これはどこでもそうなのか、出雲大社のやり方なのか分かりませんが、子供の一人が泣いちゃって残念。でも神主さんは泣く子は慣れていらっしゃる模様でした。

子供だけでなく二人の家族や親族に対してもお祈りしてくださり、大変ありがたかったです。

ちなみに全く意識していませんでしたが、旦那は去年厄年だったそうです。道理で物事がなかなかうまく行かなかったはずだ・・・。でももう厄を抜けたそうで、今年こそは頑張ってほしいです。というか外国人でもそういうの関係あるんですね。自分のときは親が厄払いをしてくれたので、旦那のことまで頭回ってなかったなあ。


posted by neko at 16:04| サンフランシスコ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

今年もよろしくお願いします

初七日も過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

昨年は色々あってほとんどブログを更新しませんでしたが、今年は心を入れ替えてもうちょっとアップしていこうと思います。

昨年は、結婚8年目にして妊娠、そして双子出産と人生がめまぐるしく動いた年でした。

子供ができたら生活ががらっと変わるよ〜と周りの人に言われたことを軽く流してましたが、実際生まれてみると本当にそうです。ですが、一番変わったのは生活ではなく、自分の考え方でした。

今まで大事だと思っていたことが実はそうでもなかったとか。例えば、予定を立てて動いたり、家の中を納得いくように片付けて掃除したり、そんな日常のささいなことでも赤子が二人いると思ったようにできないので、自分の中での生活のスタンダードがかなり下がりました。そして今までこだわっていたことはたいしたことではなかったんだと思うように。

キャリアにしてもそうです。今まで必死で出世競争していたのは何だったんだ・・・とふと我に帰り、そもそも社会で働く事の私なりの意味、すなわち人の役に立ちたい、という原点を忘れていることに気がついたのです。というのも、この子供たちが大人になったとき、幸せだと思える社会になっているのだろうか?という視点から自分のキャリアを見つめ直すことができたからだと思います。今までもそういうことを考えることがあったのですが、自分の子供だとより現実味、具体性のみならず、緊急性が出て来た気がします。

あとは、当たり前のことですが、人生の中で大事な人とのつながり。子供には素敵な人たちと巡り会って、出会った人を大事にする人生を送ってほしい。そのためには、私と旦那がちゃんとお手本を見せないといけません。日々の生活に流されて大事な人たちを思いやる気持ちを忘れがちな私たちですが、親として社会で生きるとはどういうことなのか、子供に恥じる事のないよう、人を大事にして生きて行きたいと思います。

さて、新年にあたって、お友達やこのブログを読んで下さっている方に、日頃の感謝の気持ちを送りたいと思います。妊娠〜出産にあたってたくさんのアドバイスや経験談をシェアしてくださった方々、どうもありがとうございます。それから、近くにいるお友達、心地のいい距離を保ちつつ、いざというときは必ず隣にいてくれる皆様、本当にありがとう。

今年が皆様にとっていい年になるようお祈りしています!

posted by neko at 03:56| サンフランシスコ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。