2016年04月02日

ブログ引っ越し

久しぶりの更新でいきなりですが、ブログを新しいところで始めることにしました。

実は昨年3人目の子供を出産し、ワーキングママとしてアメリカで仕事と家庭の両立を試みることをテーマに、また書いてみようかと思い立ちました。

新しいブログのアドレスは
http://ameblo.jp/cal-mom/

もしよろしければチェックしてみてください。
posted by neko at 06:45| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

双子1歳のお誕生日会

IMG_1015.JPG

先月うちの双子が一歳になったので、お誕生日会を催しました。

アメリカでは一歳のお誕生日って結構重要らしく、周りでは盛大なパーティーをする人が多いようです。まあパーティーって言っても子供はまだよく分からないので、大人のパーティーになってたりします。我が家も、産後ご飯を持ってきてくれたり、いろんなアドバイスをくれたお友達に感謝の気持ちをこめて、大人中心の寿司パーティーにしました。

IMG_1009.JPG

寿司シェフに家に出張してもらったら、本格的な寿司カウンターを設置してくれて、パーティー気分が盛り上がりるんるん

一歳を期に卒乳し、普通のミルクに切り替えたので、私にとっては身軽になったお祝いでもありました。ぴかぴか(新しい)てなわけで久々に暴飲暴食してしまった。

子供たちは、友人の子供たちに遊んでもらってとても楽しかったらしく、パーティーの途中でぐずりだしたと思った瞬間、ぱたっと気絶するように寝てました。

一番上の写真で、左が新生児用パジャマ、右が1歳のパジャマ。一年でこれだけ大きくなりました。ものすごく短くあっという間でした。これからもきっとそうなんだろうなあ。そしてそのうち「おかんうざい」って言われる日が到来するのでしょう・・・。失恋

posted by neko at 03:06| サンフランシスコ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

スタンフォードのオンラインクラス、Giving 2.0

今スタンフォードのオンラインクラスで、面白いのをやっているのでご紹介します。

コース名はGiving 2.0。文字通り「次世代のギビング(寄付やボランティアなどの社会貢献)」。やみくもに寄付やボランティアをするのではなく、自分がなんとかしたいと思っている社会的問題に対して、自分の資金や労力を最大限に生かせる貢献の仕方を戦略的に考える方法を教えてくれるクラスです。

クラスはCourseraのサイトでやっていて(英語)、リンクは以下の通り。
https://class.coursera.org/giving2-001

まだ二週目なので今からでも十分追いつきます。

私は今までかなりのボランティア&寄付活動をしてきたんですが、一週目見ただけで目から鱗でした。今までのやり方は何だったんだ・・・という感じ。今まででもっとも社会的なインパクトを与えたと自分で思う貢献を一つあげるというエクササイズで、かなり長いこと固まってしまいました。

興味のある方は是非どうぞ。


posted by neko at 13:52| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

ライフコーチ

早いもので、子供は来週1歳になります。この1年は常に変化が続いた年でしたが、最近ようやく余裕が出てきました。

子供が生まれる前は、子供ができたらもう自分のことを考える暇もなくなり、子供中心の生活になるんだろうと漠然と想像してましたが、そういうことはなかったです。もちろん自分の時間は少なくなるので物理的に自分に費やす時間は減りますが、精神的な「どういう人生をおくればいいんだろう」という疑問というか煩悩はそのまま。むしろ、子供ができたことにより、「子供にとっていいロールモデルになりたい」というプレッシャーが増えた気がします。

そして、私も来年は40歳!とうとう大台に入ってしまうのか・・・と感慨深いですが、それを目前に、もっとまじめに考えようと思い立ち、その一環としてただいまライフコーチにコーチングしてもらっています。

ライフコーチというのは、文字通り人生のコーチで、何をどうしていけば自己実現できるのかということを、客観的な立場から会話や様々なエクササイズを通して明らかにしてくれる人です。前から興味はあったんですが、性格的にしっくりくる人になかなかめぐりあえなかったので、実際にやってみようと思わなかったんです。でも最近、年齢も同じくらいで経歴も似ていて、考え方に共感できるコーチに出会い、お願いすることにしました。

1セッションは45分で9回セット。2週間ごとに電話で話して、その間に宿題が出ます。今ちょうど4回を終えたあたりで、話がちょっと具体化してきたところです。最初のほうは自分の価値観を明らかにしたり、強みは何かを考えたりと、現状の自分について知るというところから始めました。心理テスト、自分の考え、それに周りの人へのアンケートをもとにしました。アンケートにご協力いただいた皆様、どうもありがとうございました。

それが終わったら、現状ではその価値観や強みを生かしきれていないのか、だとすればなぜか、ということを考えました。それから、自分はどういう環境で働きたいのか、とか、どういうことに情熱を持っているのか、といった「やりたいこと」の話に入り、前回のセッションでは結構具体的に「こういう仕事はどうか」という提案までしてくれて、その仕事に就いている人にインタビューをする、というところまで進んできました。

スポーツでもなんでもいいコーチがいるのといないのとでは大違いですが、こういう自分のしたいことを掘り下げて考えるという場合にコーチがいるというのはすごく貴重だと思います。彼女の場合かなり系統だったプロセスがあるため、自分の思考を順序立てて掘り下げていけるのが助かっています。

また、「引き寄せの法則」なのか、色々と話をする中で考えたことに関する本を読んだり、講演を聴きにいったりして、また新しい考え方に巡り会い、今までしようと思わなかったことをやってみたりして、興味の対象が変わってきています。

ちなみにそのうちの一つがツイッターです。発信することがあまりないのでもっぱらフォロー専門ですが、フォローしているだけでもかなり面白いです。

「自分探し」の旅は果てしないですね〜。平和で豊かな国に生まれ育って暮らしているという、ありがたい現実が前提ではありますが。

posted by neko at 12:38| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

ガレージセール

IMG_0667.JPG

子供ができてから、双子や三つ子の両親の会に入ったのですが、今日はこのグループで年に一度のガレージセールを行いました。私は初めての参加でしたが、運営委員としてお手伝いしました。このセールは6ヶ月がかりで準備して、高校の体育館を借り切って行う大掛かりなもので、売り手は100人近く、売り上げも数百万円単位になります。利益は会の運営と地域への貢献に使われます。

セールは朝8時から正午までが本番で、1時から2時までは半額セール。その後3時から貧困層のためのフリーショッピングとなります。

私の仕事は、そのフリーショッピングにお客さんを呼び、その準備をすることでした。政府機関や地域の非営利団体に連絡を取り、チケットを配ってもらうのです。そうやって来たお客さんに、売れ残ったものをショッピング形式で引き取ってもらいます。

売れ残りといっても、かわいくて質のいい服やおもちゃがたくさん残っていたので、お客さんたちはおおきいゴミ袋いっぱいにものをつめて帰っていきました。その後残ったものは不要品を店舗で売っている非営利団体に引き取ってもらいました。朝に体育館がいっぱいだったのが、夕方にはゴミ袋5袋分しか残らず、その過程をみるのは圧巻のひとことです。

子供を家においてボランティアするのはちょっと大変でしたが、この団体にはこれからいろいろとお世話になることが多いと思うので、お手伝いできてよかったです。それに、運営委員だと、一番最初に買い物できるという役得があります。一番の戦利品は、双子用バギー。

リサーチをしてなくて知らなかったのですが、かなり上等なものだったようで、後から調べたら定価7万円くらいのものを、1万3千円でゲットできました。超ラッキー。

IMG_0668.JPG

ほかにもいろいろお買い物したのですが、このバギーだけでも6ヶ月お手伝いして、長時間拘束された甲斐があった気がします。


posted by neko at 12:07| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

朝型生活

妊娠後期に入るまで、私にとっては睡眠は食事の次に至福のひとときだったんですが、妊娠後期におなかが重くなって眠れなくなって以来、現在まで十分な睡眠が取れた日は数えるほど。最近は夜中の授乳が少なくなったとはいえ、まだ搾乳しているため、赤ちゃんが起きなくても自分で起きないといけません。

いったん寝入ってから1時や2時に起きて搾乳するのがつらくなったため、ここ数日は10時から11時の間に搾乳、それから朝の4時に起きて授乳または搾乳をし、そのまま準備して仕事に行くという生活をしています。同じ睡眠6時間でも、3時間を2回するのと6時間一気に取るのとでは寝覚めが全然違う!

会社には7時前に着きます。前からアメリカ人は朝早い人が多いとは思ってましたが、早朝でもバスは混んでいるし、コーヒー買いに行ったら行列になってるし、やっぱり早い人は多い。逆に、早く帰る人も多くて、6時までオフィスにいたりすると、そして誰もいなくなった・・・ってことになります。

朝型になって気づいたのですが、やはり午前中の数時間が一番能率がいいです。私の仕事は会議で一日つぶれたりするのですが、朝の1時間くらいは会議を入れず集中して仕事して、その後会議に出たりすると、以前よりも仕事がはかどっている気がします。

とはいえ、さすがに4時起きで仕事を4日もすると、肉体的に披露してきて木曜の夜ともなると機能不全でテレビを見るくらいしかできなくなりますが・・・。

最近知り合ったママさんが、母の日に旦那さんが9時まで寝かせてくれたという話をしていて、「自分にまだ9時まで寝る能力が残っているなんて思いもしなかった」と言っていました。私にもそんな風に惰眠をむさぼれるようになる日が早く来てほしいです。
posted by neko at 12:45| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

うれしいばかりで楽しいことは一つもない

題名は今読んでいる本のタイトルを訳したものです。

All Joy and No Fun: Paradox of Modern Parenthood by Jennifer Senior

アメリカ中流家庭において、子供を持つことが親に及ぼす影響に関する研究をまとめた本です。著者曰く、親が子供に及ぼす影響について書いた本は多数あるが、その逆はなかなかないそうです。だから親になるまでどういう状況になるかわからない人が多いそうで、実際私もそうでした。

この本、著者のインタビューをラジオで聞いて興味を持って読み始めたのですが、これが現在の状況にドンピシャで。

というのも、旦那と私は子供が生まれるまではおしどり夫婦として有名(?)だったのですが、子供が生まれてから旦那に腹が立つことこの上ないことが多くなり、なんでなんだろう?と自分でもすごく不思議に思っていたのです。

この本によると、子供が生まれたあと、特に幼児期と思春期には夫婦の関係が悪化して、子供のいない夫婦よりも幸福度が減るという研究結果があるそうです。日本で「子はかすがい」って言いますが、実はそうではないみたいです。

また、なぜ夫婦の関係が悪化するかというと、家の中の仕事の分担が女性にとって不公平感をもたらすばかりでなく、喧嘩をするときに、そのときの喧嘩の内容だけではなく、子供に及ぼす影響までがからんでくるからだそうです。例えば、夫が家事をあまり手伝わない家庭に男の子がいた場合、家事をしてくれないこと自体だけが問題なのではなく、そういう男性像を子供に植え付けてしまうかもしれないということまで問題になるため、夫婦二人だけのときより喧嘩が心理的に複雑になるそうです。

そして気がついたのですが、実は皆口にしてないだけで、同じような道を辿っている人が多いことです。妊娠する前、そして妊娠中は、子供がどれだけ素晴らしく、家族と一緒にいるとどれだけ幸せかということばかりしゃべっていた同僚がいます。そんな彼に、子供が生まれてから旦那に対する不満が増えたという話をしたら、実はうちもかなりやばくて、子供が3歳になって今年に入ってから二人でクラスに通ってやっと関係が修復したんだよね、なんて打ち明けられたりしたのです。でも子供が生まれる前は、そういう話をしてくれたのは一人だけで、周りはすごい幸せな家庭ばかりなんだなあと誤解してたんです。

とは言え、「All joy and no fun」とは本当にうまく言ったもので、子供の成長を毎日目のあたりにするのは至上の幸せで、夫婦でそういう時間を共有できるのは本当にラッキーなことです。そんなわけで、できるだけ相手に対して感謝の気持ちを持って、自分だけが大変なのではないって思うことにしました。実際、あらたまって「ありがとう」って言ったら、旦那もうれしそうにしていたし、私がストレスを感じているように相手もきっとストレスを感じているんだと思います。

何事も言うは易し行うは難しです。

posted by neko at 12:59| サンフランシスコ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

耳鳴り?

昨夜、旅行から帰ってきて久しぶりに家で寝たんですが・・・

寝ようとすると、かすかに電子音みたいな音楽がピロピロ〜って聞こえるんです。日本の電話が通話中のときに聞こえるツーツーっていう音に、小室音楽みたいなメロディーがついた感じ。かすかに聞こえるので外から聞こえるのかなあと思っても、そんな時間に音楽が聞こえてくるのもおかしいし、もちろん家の中でしている音ではないし・・・まさか、幻聴!?怖くて寝れない!と思った瞬間、夢の世界に行って数時間後・・・。

早朝4時頃に授乳してたら、今度は子供部屋でも同じピロピロ音が聞こえるではありませんか。

やっぱり幻聴?って思って、インターネットで色々調べたら、ストレスや疲れから耳鳴りすることがある、と書いてあったので、勝手にそうだと解釈して再び眠りにつき。

朝になってもまだ聞こえる!しかも旦那には何にも聞こえていないのです。これはますます幻聴の疑いありだと思い、乳飲み子いるのに病気になったらえらいこっちゃと思いながら外出しました。旦那も、え?nekoとうとう頭に来た?って気が気ではない様子。

そしたら、外出先ではなにも聞こえないんです。

それで安心して帰ってきたら、また聞こえる!もちろん旦那には何も聞こえてません。

再びインターネットで調べたら、人には聞こえない低周波や高周波の音が聞こえる人がたまにいて(特に加齢とともにたらーっ(汗))、電子機器なんかが原因だったりするんですが、家の外に原因がある場合、特定は難しいそうです。私がそれにあてはまっているのかは、はなはだ疑問ですが・・・。

ちなみに今は聞こえていないので、音源に何かが起こったようです。

こういうことってあるんでしょうか?誰か、同じようなことを体験されたことはありますか?
posted by neko at 15:13| サンフランシスコ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

義理家族との休暇

IMG_0354.JPG

サンディエゴの休暇から帰ってきました。

泊まったのはサンディエゴの北、カールスバッドという街で、義理両親が持つタイムシェアに家族全員集合しました。タイムシェアというのは、半永久的に一年に一回リゾートを一週間使える権利を買うものです。買ってからも毎年管理料を取られるし、権利を転売するのは非常に難しいので(買い手がつかない)、どう考えても割に合わないと思うのですが、好きな人は好きみたいで、タイムシェアを持っている人はたくさんいます。

義理の家族は全員集合するときは必ずタイムシェアなので、今までもカナダやハワイで使わせてもらいました。

まあしかし、どんな家族でも全員集合すると大変ですね・・・。私にとっては義理の家族だし気をつかうので、ぐったり疲れました。

義理姉の旦那さんが、義理の両親と一緒になると必ず最初の方で酔っぱらって醜態をさらすのですが、今回もやってくれました。幸い義理の両親が部屋に帰った後だったのですが、絡んで来てしつこいしつこい。この人いつも上半身裸(サーファースタイル?)なのですが、「早く寝ろ〜」と皆に言われているのに、「この筋肉を見ろ!」とか言ってなかなか退場しないし・・・。

もちろん翌日になったら全く覚えていません。かなり迷惑をかけられたので謝ってくるまで待っていたら、午後になってようやくお姉ちゃんに諭されたようで、謝りにきました。そのとき、「nekoがいるときに必ずひどい酔い方をするのは、nekoに対して劣等感があるからだと妻に言われた」と言ってきました。全く身に覚えのないことを言われ、心証悪すぎ。私の印象では、義理両親に認めてもらおうと頑張ってその反動で酔っぱらってる風にしか見えません。

そんなこんなで、毎回ドラマがあるためぐったり疲れる家族旅行。今回は私たちだけ一泊延ばして、サンディエゴ市内の別のホテルに泊まってから帰りました。この「休暇の後の息抜き」が大正解で、以後は必ず一泊延ばして疲れを取ろう、と旦那と誓い合ったのでした。

IMG_0421.JPG

posted by neko at 14:36| サンフランシスコ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 休暇話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

子連れドライブ

IMG_0283.jpeg

産休もあと3週間で終わりになってしまいました。

産後2ヶ月くらいはとにかく体が回復せずにしんどくて、なかなか思ったように動けませんでしたが、最近は体力が有り余っていて、毎日あちこちに出かけいます。子供も生まれたばかりのときは、寝て食べて寝るの繰り返しだったのが、最近では起きている時間が長くなりました。そして、赤ちゃんも退屈する、ということが分かってからは、できるだけ一日に一回は外の空気を吸わせるようにしています。

行き先は近場の山、海、そして行った事のない住宅地などで、ドライブしてどこか歩きやすそうな場所を見つけたらバギーを押して散歩します。あちこち行く中で、いかに自分が普段家と職場の往復しかしていなかったか、ということが明らかになり、いい経験になっています。

山の頂上から眺めたサンフランシスコ湾
IMG_0279.jpeg

我が家は高級住宅地で知られるカウンティの中にあります(うちはその中の労働階級が住む地域です)。そのため、周りにはお屋敷街がたくさんあり、それこそ有名人が住むような、何十億円する豪邸がごろごろ転がっていたりします。今まで用事がないので超豪邸の立ち並ぶ地域には行ったことがありませんでしたが、暇に任せてドライブしてたら、帰ってきた我が家がえらくしょぼく見えてどよ〜んとしてしまいました。比べるほうが間違ってますが・・・。

やはりあまりにも自分とかけ離れた世界には足を踏み入れないほうが、精神衛生上いいのかも?でも、逆にこういう世界もあるんだなあというところをたまに見とくのも、脳の刺激になっていいかも知れません。

せっかく楽しくなってきたのに、もう仕事に戻らなきゃいけないのが残念。

サウサリートのハーバー
IMG_0285.jpeg
posted by neko at 15:21| サンフランシスコ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。